北海道大学大学院先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 ソフト&ウェットマター研究室
Japanese
English
北大生になりたい方へ 未来塾 GSS 高分子ゲル研究会   高分子学会北海道支部 ソフトマター専攻 高分子機能学 先端生命科学研究院

生き物?いいえゲルです

北海道大学 ソフト&ウェットマター研究室~私たちの所属はこちら

生命体と「ゲル」の密接な関わりを、
物理的、化学的、生物学的なアプローチを統合的に用いながら研究し、
人工軟組織等の開発に役立てる研究をしています

LSWの世界へようこそ。気になるゲルをクリック!
噛み切れないゲル
噛み切れないゲル
くっつくゲル
くっつくゲル
 色々な形のゲル
色々な形のゲル
くっつかないゲル
くっつかないゲル
カラフルゲル
カラフルゲル
細胞を操るゲル
細胞を操るゲル
低摩擦ゲル
つるるんゲル
自己修復ゲル
傷が消えるゲル
模様ゲル
模様がうきでるゲル

What's New in LSW?

2015.9.18
我々のDNゲルが、総合科学技術会議・イノベーショ ン会議の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の進捗報告の中で紹介されました。演示実験で安倍総理大臣がハンマーでDNゲルを叩いている様子が内閣府HPに掲載されています。
会議の動画はこちらから。 プレゼン資料はこちらから。

2018.12.14--new--
B3の学生4名がLSWに加わりました。

2018.12.13--new--
北大創成科学研究機構棟にて、米国マサチューセッツ大学アマースト校の勝又麗香先生の招待講演会を開催。演題は『Decoupling of segmental and entire chain dynamics under nanoconfinement』及び『Working in Academia as a Foreigner』の2部構成です。

2018.12.7--new--
2019年夏、『Hokkaido Summer Institute(HSI2019)』にて『G018: Soft Interface & Soft Mechanics (Polymer Physics)』(定員30名)を開講します。受講対象者は国内外の大学院生です。応募受付は2019年2月1日から。

2018.12.1--new--
新しいスタッフ1名がLSWに加わりました。

2018.11.19
11月16日~18日に北大博物館で展示されたコンセプトカー「I toP(アイトップ)」の試乗会の様子が北大フェイスブック「いいね!Hokudai」に紹介されました(【クローズアップ】#96)。 "I toP"の一般公開の様子は北大HPのお知らせにも掲載されています。

2018.11.16~18
革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)で開発された新材料(SHINAYAKA Polymer™)を用いたコンセプトカー「I toP(アイトップ)」が、北大博物館に展示されます。「I toP(アイトップ)」には、我々がタフポリマー化の手法として提唱したダブルネットワーク構造を取り入れた高強度・低燃費タイヤも使われています。詳細は北大ホームページ『プレスリリース(11月6日)革新的コンセプトカーを期間限定で展示~新素材「しなやかタフポリマー」がクルマの未来を変える~(PDF)』をご覧ください。

2018.11.16
日経産業新聞に、我々の開発した「熱で瞬時に硬くなる布」が紹介されました。

2018.11.14
10月23日~25日に開催された日本化学会第8回CSJ化学フェスタ2018において、奥村剛士さん(M2)のポスター発表『巨視的な網目構造を犠牲結合として導入した高靭性ソフト複合材料の創製』が優秀ポスター発表賞を受賞。

2018.11.13
平成31年度(平成31年4月入学)生命科学院ソフトマター専攻の学生募集要項が公開されました。願書受理期間:平成30年12月10日(月)~12月14日(金)。詳しくは学院HPで。

2018.10.18
金属よりも丈夫な柔軟複合材料「繊維強化ゲル」に関する論文『Energy-Dissipative Matrices Enable Synergistic Toughening in Fiber Reinforced Soft Composites』(Advanced Functional Materials)が同誌の12ヶ月間のダウンロード数ベスト20に入りました。

2018.10.1
スイス連邦工科大学チューリッヒ校の大学院生Yuki Meierさんが半年間、米国ノースウェスタン大学の大学院生David Delgadoさんと中国浙江大学の伍磊さんが3ヶ月間LSWに滞在。

2018.9.11
日刊工業新聞に、我々の開発した「高温で1000倍以上硬くなる温度応答性ソフトマテリアル」が紹介されました。

2018.8.30~31
イノベーション・ジャパン2018-大学見本市@東京ビッグサイトに出展。出展内容は2018.8.29
野々山貴行特任助教らの発表『高温で瞬時に1000倍以上硬くなる温度応答性アクティブソフトマテリアル』が、
第67回高分子討論会の高分子学会広報委員会パブリシティ賞を受賞。

2018.6.25
我々が提唱したダブルネットワーク原理を使い、ブリヂストンとJSTが低燃費性と高破壊強度を両立したゴム複合体を開発しました(プレスリリース)。日本経済新聞Yahoo!ニュース(経済)でも紹介されました。

2018.3.23
北大英文広報誌『Tackling Global Issues (世界の課題レポート)』第1号で、ソフトマターをメインテーマに、グン教授へのインタビューや世界的に著名な研究者との座談会などが特集されました。詳細は北大ホームページまたは、ISSUUをご覧ください。