お知らせ一覧

2023年10月2日 高分子機能学3年生2名が自然免疫研究室に加わりました。

2023年10月1日 大平修也さんがアンビシャス特別助教に着任しました。

2023年7月1日 自然免疫研究室に竹見祥大 特任助教が着任しました。

2023年5月4日 睡眠不足におけるαディフェンシンと腸内細菌叢の最新研究成果(Shimizu Yu et al., Gut Microbes 2023)がNHKテレビニュースで紹介されました。

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20230504/7000057319.html  

2023年4月1日 中村公則教授が主宰する自然免疫研究室が始動しました。

2022年12月2日 横井友樹先生が千葉市で開催された第45回日本分子生物学会年会の「腸内デザイン学の創生に向けて -細菌学の温故知新」ワークショップで研究成果を発表しました。

2022年10月3日 高分子機能学3年生2名が自然免疫研究室に加わりました。

2022年8月30日 Tarzan(マガジンハウス)「食物繊維で、腸を整える!」に中村公則先生の記事「腸の守り神、αディフェンシンって?」が掲載されました。

2022年8月30日 日経Goodayに中村公則先生のインタビュー記事「知られざる脳と腸の関係」が2回にわたって掲載されました。

日経Gooday 第1回(8月25日) 「脳と腸」が相互に作用し合う「脳腸相関」のメカニズム 第2回(8月30日) 加齢やうつ状態で減少! 「脳腸相関」で注目の免疫物質(αディフェンシン)

2022年7月21日 高校生の皆さんが自然免疫研究室を訪問して腸内細菌と健康について学びました。

札幌市内の高校生20名が自然免疫研究室を訪れました。中村先生が腸内細菌と健康に関する最新の研究内容をわかりやすく紹介した後、高校生の皆さんは自然免疫研究室内を見学して実際に行われている研究の雰囲気を体験していました。