化学生物学研究室
Laboratory of Molecular Chemical Biology (Monde Lab.)
Hokkaido University, Faculty of Advanced Life Science
Home Research Member Publication Photo Gallery
image
     
   
Reaserch
1  VCD法によるケミカルバイオロジーの展開
  Development of Chemical Biology by VCD Method
   キラリティーを持った分子は、左回りの円偏光と右回りの円偏光に対して異なった振る舞いをする。この差を検出するのが円二色性であり、紫外-可視円二色性(ECD)や赤外円二色性(VCD)がある。最近、我々は理論計算なしにVCDを用いて分子の立体構造を解明する新規手法「VCD励起子キラリティー法」を開発した。この手法は従来に比べ、微量・短時間で各種分子に応用が可能であり、現在、生分解性高分子や各種天然物の構造解明を展開している。

  Our first goal is to understand and regulate the higher-order structures of biomolecules, and to correlate such structures and their biological functions, by using spectroscopy, organic chemistry and biochemistry. As we established the VCD exciton chirality method, which can determine the stereostructure of molecules without theoretical calculation, we have applied this method to various molecules including small- to medium-sized natural products and biomacromolecules.
2  脂質ケミカルバイオロジーの創生
   Development of Lipid Chemical Biology
 
   スフィンゴミエリン合成酵素2 (SMS2)は肥満、アルツハイマー病などアンメット・メディカルニーズを対象とした疾病に関わる。我々はこれまでに天然由来あるいは化学合成をハイブリッドしたセラミド型SMS2阻害剤やミメティックを開発してきた。現在、これら多様化を指向したセラミドライブラリーの創生を展開している。さらにそれらの分子メカニズム解明が可能な化学プローブ(光アフィニティープローブ・PETプローブ e.g.)の開発を行い、実践する。

  Sphingomyelin synthase 2 (SMS2) is related to metabolic syndrome, Alzheimer disease well-known as “Unmet Medical Needs”. We have developed new ceramide-type inhibitors and their mimetics against SMS2 to treat metabolic syndrome and Alzheimer disease. We are also developing new ceramide library orientated toward diversity of them. Furthermore we are creating chemical probes (Photoaffinity probe, PET probe and Fluorous probe) to elucidate their molecular mechanisms.
   
 Top