毎年恒例の学科遠足が4月14日(金)に実施されました!

今年も7名の3年生が世話人となり、2年生全員に教員3名を加えた総勢50名が、札幌芸術の森で工芸を体験してきました。博物館前から大型バスに乗り、札幌芸術の森クラフト工房へ。絶好の遠足日和でした。

2コースに分かれて、工芸を体験。サンドブラストのチームでは、動物などの可愛いイラストを、タンブラー表面にすりガラス模様つけ。絞り染めのチームでは、割り箸や輪ゴムを駆使した染色で、オリジナルのバンダナ作り。味わい深い作品を作りながら、作業の合間には、それぞれの出身地や趣味、学科での生活の話題で盛り上がりました。

工芸体験の後はレクリエーションタイム。3~4名のチームに分かれて、3年生が企画してくれた頭脳ゲームに熱中。親睦を深めました。

 

北大へ戻ると、3年生プロデユースによる大歓迎会が待っていました。
軽食を取りながら、各研究室の先生方や3年生より、研究内容や学科での生活など、様々なお話をしていただきました。