協力講座

研究キーワード

生体分子、ナノ粒子、自己組織化、分子認識、分子集合体、ナ
ノテクノロジー、バイオミメティクス、バイオデバイス

研究分野

バイオ・ナノ材料科学

研究タイトル

バイオに習う分子集合体システムの設計
バイオ応用をめざした機能性ナノ材料の開発

研究内容紹介

生物は、タンパク質、核酸、脂質、糖などのすべての生き物に共通する生体分子
をパーツとして、それらの高度な分子認識と自己組織化によって分子集合体シス
テムを構築し、効率の良いエネルギー変換や物質生産、情報変換を達成していま
す。一方で、物質をナノメールサイズまで小さくすると本来の物性とは異なる性
質が表れ、例えば金属からなるナノメートルサイズの粒子は、電子、光学、バイ
オ応答の点で特有な機能が発現することが知られており、近年はナノ粒子の集合
体が有する特異な機能が注目されています。本研究分野では生体分子ひいては生
物の持つ機能とナノテクノロジーとを融合することで、電子デバイスからバイオ
に至る幅広い分野をターゲットとした分子素子や機能性材料の構築を目指して研
究を行っています。タンパク質、核酸、脂質、糖といった生物の主役分子を駆使
する、あるいはその特徴を模倣することで高度な機能を持った様々な素子を作製
できると期待し、バイオ・ナノサイエンス研究の新展開をめざしています。

教員スタッフ名

居城 邦治 教授  Kuniharu IJIRO

所属部局・機関
電子科学研究所
担当大学院

三友 秀之 助教  Hideyuki MITOMO

所属部局・機関
電子科学研究所
担当大学院

問い合わせ先

研究室WEBサイト



所在


各科目の活用度