協力講座

研究キーワード

分子機械、モータータンパク質、フォトクロミック化合物、アゾベンゼン、液晶、自己組織化、分子間相互作用、有機合成化学、ナノバイオマシン、単一分子計測、キラリティー

研究分野

スマート分子

研究タイトル

光駆動分子機械の合成研究

研究内容紹介

私たち生物は、無生物であるただの物質と同様、分子からなっているにもかかわらず、自ら環境を感知し、判断し、行動を起こします。一見特別な物質、生物の何が他の物質と変わりなく、何が特別なのかを明らかにすることは未だに現代科学の重要な課題です。われわれは、生体が実現しているさまざまな情報機能を、人工分子を合成して構築することにより、生体をより深く理解できると考えています。

現在最も力をいれている研究課題は、光エネルギーで働く合成分子機械の構築です。ATP駆動の生体分子機械に合成したフォトクロミック分子を導入して光駆動とする試みも進めています。

合成化学を駆使して自分だけの働く分子を設計・合成し、それによってこれまで生体のみが実現してきた、もしくはそれ以上の機能を創りだす、結果として「生物とは何か」という命題にひとつの答えを提示する、そんな研究に関心をもつ学生さんを求めます。

 

lab_c02_01

 

lab_c02_02
図1 半合成分子機械の実験系として用いるモータータンパク質(キネシン/微小管)の蛍光顕微鏡像。動画撮影によって細長い微小管の移動速度を測定します。

 

lab_c02_03

 

教員スタッフ名

玉置 信之 教授  Nobuyuki TAMAOKI

所属部局・機関
電子科学研究所
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

キム ユナ 助教  Yuna KIM

所属部局・機関
電子科学研究所
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

松尾 和哉 助教  Kazuya MATSUO

所属部局・機関
電子科学研究所
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

相良 剛光 助教  Yoshimitsu SAGARA

所属部局・機関
電子科学研究所
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

問い合わせ先

Tamaoki*es.hokudai.ac.jp

(*を半角@に変えて入力ください)

研究室WEBサイト


http://tamaoki.es.hokudai.ac.jp

所在


郵便番号:001-0020
札幌市北区北20条西10丁目
北海道大学創成科学研究棟4階 4-302

電話番号:010-706-9356
FAX番号:010-706-9357

各科目の活用度