基幹講座

研究キーワード

細胞分裂、細胞骨格、生細胞イメージング、モータータンパク質、自己組織化、細胞装置の表現型可塑性、分子生物学、生化学、数理モデリング

研究分野

細胞生物学

研究タイトル

細胞はどのように自らの「真ん中」を見つけるのか?

細胞はどのように自ら2つにくびれるのか?

細胞分裂システムはどのように多様な細胞環境に適応しているのか?

研究内容紹介

生命の維持・継承のためには、細胞が遺伝情報を等分配しながら正しく二分されて増殖することが必要です。そのために細胞は自らの「真ん中」を見つけて、独力で自らを二つに分断するという離れ業をやってのけます。この厳密かつ高度に自律的な活動を可能にする分子装置が働くメカニズムを明らかにすることを目指します。  また、進化や発生の過程で、安定な細胞増殖を実現するためには、多様な細胞のサイズや形状、細胞外環境などに柔軟に対応できる細胞分裂制御システムが必要であると考えられます。細胞分裂制御システムの種間比較や極限的細胞環境への馴化過程の解析を通して、細胞分裂制御装置にどの程度の環境適応性が備わっているのか、また、その適応反応がどのような仕組みによって実現するのかを明らかにしていきます。  細胞は発見の宝庫です。細胞の中で何が起こっているか知りたくなった人、歓迎します。

lab-b-13_01

教員スタッフ名

上原 亮太 特任助教  Ryota UEHARA

所属部局・機関
創成研究機構
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

問い合わせ先

ruehara*sci.hokudai.ac.jp
(*を半角@に変えて入力ください)

研究室WEBサイト


http://tenure-track.cris.hokudai.ac.jp/lab/uehara/

所在


郵便番号:001-0021
札幌市北区北21条西10丁目
北海道大学創成科学研究棟5階 5-118

電話番号:011-706-9238

各科目の活用度