基幹講座

研究キーワード

ケミカルバイオロジー、キラリティー、有機合成、阻害剤、赤外円ニ色性、らせん、シグナル脂質、複合糖鎖、免疫、創薬化学

研究分野

化学生物学

研究タイトル

生命分子のキラル情報の解読とその応用

生命分子高次構造の解析、制御ならびにその生体現象への関わり

研究内容紹介

タンパク質の形が次々と明らかになり、真の意味での分子(化学)生物学の時代が到来した。生命活動を維持していくための反応は、本質的に化学反応であり、当然、化学の言葉で解明されなくてはならない。核酸・タンパク質・糖鎖・脂質などの生体分子を有機化学的に原子レベルで理解することにより、生体機能を理解・制御する新しい学問領域が化学生物学であり、我々はとりわけキラル関連化学生物学の展開を目指している。赤外円二色性(VCD)などの新たなキラル分析法を開発し、それらを脂質・糖鎖へと応用し、得られた情報を基にキラル構造と生理活性との関連を研究している。また、スフィンゴシンを中心とした脂質ライブラリーの構築、合成・天然物ライブラリーを用いた生物学的に重要なツールになりうる酵素阻害剤の探索、阻害剤やリガンドの標的未知タンパクの同定や相互作用解析、そのための、新規フォトアフィニティーラベル化法の開発などを展開中である。

lab_b12_01
図1 アミノ酸、核酸、脂質、糖などの生体分子はキラリティーを持ち、鏡に映った関係にある構造異性体が存在する。タンパク質などの生体高分子もキラリティーをもつため、二つの異性体のうち、片方の物質のみが効果を示すことが多い。

lab_b12_02
図2 キラリティーを持った分子は、左回りの円偏光と右回りの円偏光に対して異なった振る舞いをする。この差を検出するのが円二色性であり、近年赤外領域の円偏光を用いる円二色性(VCD)が注目されている。

lab_b12_03図3 タンパク質にぴったりとはまる分子は、薬のもとになる候補分子になることが多い。どのようなタンパク質に、また、どのようにはまるのかを化学的に見出そうとしています。

 

教員スタッフ名

門出 健次 教授  Kenji MONDE

所属部局・機関
先端生命科学研究院
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

谷口 透 助教  Tohru TANIGUCHI

所属部局・機関
先端生命科学研究院
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

村井 勇太 助教  Yuta MURAI

所属部局・機関
先端生命科学研究院
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

問い合わせ先

kmonde*sci.hokudai.ac.jp
(*を半角@に変えて入力ください)

研究室WEBサイト


http://altair.sci.hokudai.ac.jp/infchb/

所在


郵便番号:001-0021
札幌市北区北21条西11丁目
北海道大学北キャンパス総合研究棟2号館(次世代物質生命科学研究棟)4階

電話番号:011-706-9041
FAX番号:011-706-9540

各科目の活用度