基幹講座

研究キーワード

自然免疫、抗菌ペプチド、粘膜免疫、腸上皮細胞、パネト細胞、炎症性腸疾患、ディフェンシン、分子標的治療、幹細胞と再生医療、腸内細菌、生活習慣病、医食同源

研究分野

細胞生物科学

研究タイトル

パネト細胞αディフェンシンによる自然免疫および腸内環境制御

炎症性腸疾患および生活習慣病の予防法・治療法開発

研究内容紹介

私たちは、消化管上皮細胞である小腸のパネト細胞(Paneth細胞)がαディフェンシン(α-defensin)という抗菌ペプチドを感染刺激に対してすばやく反応して分泌し、その殺菌作用によって微生物感染から私たちの身体を守っていることを明らかにしてきました(図1を参照)。このような抗菌ペプチドのはたらきは腸の主要な自然免疫です。しかし、まだ腸には解明されていないことがたくさんあり、腸の機能はフロンティア研究領域です。私たちは、パネト細胞とαディフェンシンを用いて自然免疫機能とそのメカニズムを研究しています(図2を参照)。その先には、未だに病因不明で患者数が増加し続けている炎症性腸疾患の克服や生活習慣病の予防に貢献することを見据えています。さらに、私たちは細胞分離・培養の革新的技術を用いて多彩な腸管機能を解明し、機能性食品から再生医療まで腸のサイエンスでの人類貢献を目指した研究開発を進めています。

lab_b08_01
図1 腸の自然免疫

パネト細胞は感染に反応してαディフェンシンを小腸内腔に分泌する

 

lab_b08_02
図2 パネト細胞とその顆粒にあるαディフェンシンの研究

教員スタッフ名

綾部 時芳 教授  Tokiyoshi AYABE

所属部局・機関
先端生命科学研究院
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

中村 公則 准教授  Kiminori NAKAMURA

所属部局・機関
先端生命科学研究院
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

櫻木 直也 特任助教  Naoya SAKURAGI

所属部局・機関
先端生命科学研究院
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

問い合わせ先

ayabe*sci.hokudai.ac.jp

(*を半角@に変えて入力ください)

研究室WEBサイト


http://altair.sci.hokudai.ac.jp/infsig/

所在


郵便番号:001-0021
札幌市北区北21条西11丁目
北海道大学北キャンパス総合研究棟2号館(次世代物質生命科学研究棟)4階

電話番号:011-706-9049
FAX番号:011-706-9053

各科目の活用度