基幹講座

研究キーワード

タンパク質、核酸、転写・翻訳制御、疾患関連因子X線構造生物学、蛋白質結晶学、コンピュータ科学、蛋白質科学、生物物理学

研究分野

X線構造生物学

研究タイトル

翻訳の制御と分子機能構造相関についての研究

疾患関連因子の構造生物学的研究

X線結晶構造解析法の研究

研究内容紹介

X線を使えば蛋白質のような高分子でも原子の一つ一つを分離して見ることができます。構造を見ることができれば、その蛋白質が担っている生命現象を探るためのいろいろなアイデアが浮かんできます。蛋白質の構造を決めて、それをもとに生命現象を解明する科学を構造生物学と呼びます。私達はX線を使って蛋白質や核酸の構造を正確に決定し、その構造をもとにさまざまな生命現象の謎解きを行っています。また疾患関連蛋白質や産業利用蛋白質など、様々の分子の解析を行い、得られた構造情報を創薬・産業などへ応用することも目指します。

下の図は、私達がX線結晶構造解析法を使って,酵素TLPの反応現場をはじめて捉えることに成功した.この酵素はtRNAを逆向き(3’– 5’)に伸長させ、欠損したtRNAの5’末端を鋳型依存的に修復する。tTNAとの複合体の構造解析により、TLPには、正方向の反応(DNAとRNAの合成)と逆方向の反応を切り替えるための巧みな仕組みが存在することを分かった。この仕組みを利用して、分子生物学の新たな「道具」を創成する方向への展開が期待できる。

教員スタッフ名

姚 閔 教授  Min YAO

所属部局・機関
先端生命科学研究院
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

加藤 公児 助教  Koji KATO

所属部局・機関
先端生命科学研究院
担当大学院
生命科学院 生命融合科学コース

問い合わせ先

yao※castor.sci.hokudai.ac.jp

(*を半角@に変えて入力ください)

研究室WEBサイト


http://altair.sci.hokudai.ac.jp/g6/

所在


郵便番号:060-0810
札幌市北区北10条西8丁目
北海道大学理学部5号館3階

電話番号:011-706-4481
FAX番号:011-706-4481

各科目の活用度