学びのキーワード 37

翻訳因子

GatCABはGlu-tRNAGlnをGln-tRNAGlnに変換するtRNA依存アミドトランスフェラーゼで、ヘテロ3量体GatA(青色)、GatB(緑色)、GatC(赤色)として機能しています。私達 は黄色ブトウ球菌由来のGatCABの結晶構造解析に成功し、グルタミナーゼ反応、トランスアミダーゼ反応の2か所の活性中心が長さ30Aの親水性アンモニアチャネル(黄色)によって連絡されていることを示し、Gln-tRNAGlnを合成する協調反応モデルを提唱しました。

dep_k37_01

X線構造生物学研究室[旧第6研究室]