学びのキーワード 35

分子機械

 分子単位で運動が制御されたマクロな機械、もしくはその鍵となる構成要素である分子、もしくは機械的な働きを示す分子のことです。生体分子機械と合成分子機械に分けられます。生体分子機械では、筋肉の運動のもととなるミオシンや物質輸送を司るキネシンが知られています。合成分子機械では、ピンセットや回転モーターやブレーキの働きを示す分子が合成されています。また、分子の光構造変化のみを利用したマクロな回転モーターも作られています。

分子情報科学研究室