学びのキーワード 33

プロテオグリカン

 動物細胞の細胞表面などに普遍的に存在する生体分子の1つです。コアタンパク質とよばれるタンパク質部分と、グリコサミノグリカンとよばれる多糖鎖部分からなる複合糖質で、代表的なグリコサミノグリカンとしては、ヘパラン硫酸、コンドロイチン硫酸があります。細胞増殖因子、形態形成因子(モルフォゲン)などと相互作用して、それらの生物活性を調節します。また、ウイルスなどの感染受容体となることも知られています。