学びのキーワード 31

フォトクロミック化合物

 光によって可逆的に分子構造が変化し、それに伴って色が変化する物質です。有機分子としてはアゾベンゼンやスピロピランやジアリルエテンなどが知られています。従来は、その色変化を応用しようと考えられてきましたが、最近では、他の機能分子にフォトクロミック分子を導入することで、導電性や酵素活性など様々な分子機能を光で制御する試みがなされています。さらに、フォトクロミック分子の構造変化を利用して光駆動の分子機械を合成しようという研究も行われています。

分子情報科学研究室