学びのキーワード 30

病気とαディフェンシン

 私たちの腸には100兆個もの常在菌と呼ばれる腸内細菌が住み着き共生しています。炎症性腸疾患であるクローン病や潰瘍性大腸炎では腸内細菌数が増加し、肥満や生活習慣病では腸内細菌の割合が変化します。私たちは、小腸のパネト細胞が産生する抗菌ペプチド(αディフェンシン)が病原菌を強力に殺菌する一方で常在菌を維持する作用があることを解明しました。抗菌ペプチドによる腸内環境制御は健康と病気に深く関与しています。

自然免疫研究室