学びのキーワード 19

細胞接着因子

細菌の感染は、ヒトの細胞表面組織を介して細菌が定着し、その後、増殖することによって起こります。定着は、菌の細胞表面に存在する「細胞接着因子」と呼ばれる蛋白質が、ヒトの表面組織と相互作用することにより達成されます。私達は若年女性の単純性尿路感染症の原因菌である腐性ブドウ球菌の細胞接着因子UafAの結晶構造解析を行い、新たな細胞接着機構を提案しました。

dep_k19_01

X線構造生物学研究室[旧第6研究室]