学びのキーワード 14

蛍光相関分光法

 蛍光相関分光法は蛍光分子が微小な焦点領域を出入りする際に生じる「蛍光強度のゆらぎ」を解析することで、その蛍光分子の持つ「動き」と「数」という動的な情報を得ることができる方法です。この方法は従来の生化学的な手法と異なり、生きた細胞から蛍光ラベルされた生体分子の情報を引き出すことができるため、生体分子の凝集過程や相互作用など、刻々と変化しうる細胞内分子機構を経時的に解析することが可能です。

dep_k14_01

細胞機能科学研究室