学びのキーワード 13

蛍光・化学発光タンパク質

 生理現象の可視化技術は、生きた細胞における分子の機能を解明する上で近年非常に注目される手法です。遺伝子工学やタンパク質工学に基づく分子デザイン手法により、研究の目的に合った色、機能をもつ蛍光タンパク質や化学発光タンパク質を創生することで、生きた細胞内の生体分子の局在変化、濃度変化等の動きを鮮明に可視化する技術の開発を行っています。

dep_k13_01 dep_k13_02