学びのキーワード 6

NMR法(核磁気共鳴法)

蛋白質の機能、すなわち「はたらき」を詳細に理解するためには、その分子の立体構造、すなわち「かたち」を明らかにすることが重要です。NMR法(核磁気共鳴法)は、X線結晶構造解析と並び、蛋白質の立体構造を決定する重要な技術です。NMR法は溶液中の蛋白質の解析に利用可能という特徴をもつため、機能発現にともなう蛋白質の立体構造変化の追跡や、蛋白質と様々な化合物との相互作用の解析などにも威力を発揮します。

dep_k06_01

蛋白質科学研究室[旧第5研究室]

生物情報解析科学研究室

分子適応科学研究室