学びのキーワード 5

X線結晶構造解析法

X線は波長の短い光です。物質を透過するので、身体の中を診察するのに使われていますが、それだけでなく、X線を使えば分子の世界をものぞき見ることができます。タンパク質分子の結晶にX 線をあてると回折という現象が起こり、光の進路にX線フィルムをおけば、無数の斑点が記録されます。それをフーリエ変換すればタンパク質分子の像が浮かび上がります。この方法は、X線結晶構造解析法と呼ばれています。 原子位置のすべてがわかる詳細な分子像を与えるX線結晶構造解析法は、生命科学にとって不可欠な研究手段です。

dep_k05_01

X線構造生物学研究室[旧第6研究室]

分子適応科学研究室