卒業生仕事レポート 10

世界の研究者とつながり
ウイルス感染症対策の
薬づくりに突き進む
report_stamp_04

リューベック大学
坂井 直樹さん/新潟県出身

坂井さんはドイツにあるリューベック大学生化学部門構造ウイルス学のグループリーダー。

熱帯で流行しているウイルス感染症に対する薬をデザインするための基礎研究に打ち込みながら世界中を飛び回る。

career10

report_manabi

効率化や研究戦略が進んでも
「役に立ちたい」志は同じ

大学院ではタンパク質のX線結晶構造解析に取り組んだ。

「現在も感染症を引き起こすウイルスタンパク質の立体構造を解析し、その働きを阻害する分子をデザイン中です。皆さんの中に僕たちの志に共感してくれる未来の研究者がいることを期待しています!」

卒業生仕事レポート一覧