大学院進学

ca_11

学部卒業生の約9割が大学院に進学しています。その多くが卒業研究を行った研究室の一員として専門力を高めるため、生命科学院・生命融合科学コース・修士課程(博士前期課程)に進んでいます。

C_1_1

C_1_2

 

 

生命科学院・生命融合科学コース

<生命融合科学コースは最先端の生命科学!>

今日の生命科学は、ヒトゲノムプロジェクトに象徴されるように、膨大な情報を取り扱い、様々な分野の科学を駆使する融合科学となりつつあります。また、エネルギー生産、再生医療、食料生産、宇宙開発など科学技術の進歩はめざましい一方で、環境問題、感染症対策など人類は新たな課題を乗り越えなければなりません。このように特定の分野からのアプローチだけでは解決できない問題が数多くあります。
大学院生命科学院・生命融合科学コースでは、次世代に必要とされる「生命と物質の共存の科学」を多角的な発想から探究する教育と研究を行い、多様な社会でリーダーとして活躍する人材育成を推進しています。

 

<人材育成・国際交流など大学院教育改革を推進>

■文部科学省委託事業

国費外国人留学生(研究留学生)の優先配置を行う特別プログラム(IGP-PRLS)(平成19年~23年度、24年~28年度)
10年間の事業期間内に、18カ国、150名の海外留学生(私費・国費)を受け入れ、国際交流へ貢献しています。

■大学院教育改革の推進

組織的な大学院教育改革推進プログラム(文部科学省委託事業 平成20年~22年度)の成果を大学院カリキュラムに取り入れ、継続的に教育改革を進めています。

■北海道大学人材育成本部と連携

キャリア教育の連携推進
人材育成本部の企画、運営に参加し、キャリア教育を積極的に推進しています。

 

<入学するには>

修士課程では、大学において生物学はもとより、化学、物理学、数学等の広範な自然科学の基礎を履修した学生の入学を想定しています。修士、博士ともに、他大学、海外からの入学生も多数受け入れています。

入試の最新情報については、こちらの入試情報専用サイトを参照してください。