北海道大学大学院先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 ソフト&ウェットマター研究室
Japanese
English
教員研究紹介 未来塾 高分子ゲル研究会

大学院生募集!

北海道大学 ソフト&ウェットマター研究室~私たちの所属はこちら

北海道大学 生命科学院 ソフトマター専攻 では
他大学出身の皆さんの受験を歓迎します。

  

受験のためのQ&A

ソフト&ウェットマター研究室では何を研究しているのでしょうか?

研究室の龔 剣萍(グン チェンピン) 教授からのメッセージをご紹介します。

 当研究室では、柔らかく水を含んだソフト&ウェットな物質である「ゲル」を研究しています。
 生体軟組織は生体高分子(DNA,たんぱく質、糖鎖など)と30~80%の水から構成され、ソフト&ウェットな物質系に属します。生体軟組織の優れた機能の創発原理はまだ分かっていませんが、そのソフト&ウェットな物質状態に根本原因があると考えられます。
 一方で、ゼリーに代表される高分子ゲルは、生体軟組織と同じくソフト&ウェットな物質系に属することから、潜在的に高い機能性を有していると考えられます。我々はこの点に着目し、「生体軟組織の複合・秩序・階層構造をヒントに機能性高分子ゲルを創製」⇔「そうしたゲルに対する研究をもとに生体軟組織の機能創発の原理を解明」という循環の中で、軟骨、腱、筋肉などの生体軟組織に匹敵する高強度・ 高機能ゲルを開発し、医療分野を始め、さまざまな分野への応用を目指しています。
 ソフト&ウェットマターの科学は、化学・物理学・生物学、材料科学などの分野を跨ぐ新しい学問分野です。生体組織に匹敵するゲル作りに、生体組織の優れた原理の究明に、または、人工臓器や再生医療への応用に興味を持つ学生ならどなたでもウェルカムです。

ソフト&ウェットマター研究室にはどんな先生がいますか?

教授  
准教授   
助教  
特任助教
テニュアトラック助教
特任助教

龔 剣萍(ぐん ちぇんぴん)
黒川 孝幸(くろかわ たかゆき) 
中島 祐 (なかじま たすく)
野々山 貴行(ののやま たかゆき)
Daniel R. King (ダニエル・キング)
Taolin Sun (タオリン・スン) 

まず何をしたらいいでしょうか?

当研究室に興味を持っていただけましたら、まずはお気軽に教授の黒川先生または学生の松田さんに連絡してください。
研究室分属で検討中の学部3年生の方の疑問・相談等もお待ちしております。
見学を希望される場合は、黒川先生と日程調整をしてくだい。学外・学内・社会人を問わず、見学を歓迎しています。
なお、研究室は平成28年5月、北キャンパス総合研究棟(〒001-0021 札幌市北区北21条西11丁目)に引っ越しました。北キャンパス総合研究棟(旧次世代ポストゲノム研究センター)のアクセスはこちら
 E-mail:黒川(教授)  kurokawa[AT]sci.hokudai.ac.jp ([AT]をアットマークに換えて送信してください。)
      松田(博士3年) t.matsuda.lsw[AT]gmail.com ([AT]をアットマークに換えて送信してください。)
 TEL: 011-706-9018

どのような受験形式ですか?

修士(一次募集)は、27年度の試験から、専門科目と英語の筆記試験がなくなりました。英語学力はTOEFL, TOEICのスコアによって判定します。また、志望動機などの一般的質問をする口頭試問と、研究内容に関連した基礎的知識・学力についての口頭試問が行われます。博士は英語の試験とこれまでの研究内容についての口頭試問があります。
詳しくは北海道大学大学院生命科学院の入試情報を参照してください。
なお、英語学力はTOEFL, TOEICのスコアによって判定しますので、期日までにスコアを提出できない場合は、英語は「得点なし」として扱われるので、充分注意すること。

学外から受験をしたメンバーの声

 

以下の質問に答えていただきました。

Q1. なぜこの研究室を受験しようと思いましたか?
Q2. 受験する上で大変だった事、苦労した事はありますか?
Q3. LSWの魅力を教えてください!

修士課程1年 Oさん (東京理科大学出身)

A1. 学部時代の指導教官に当研究室を紹介していただいたのがきっかけです。その後、ゲルについて研究してみたいと感じ、また、札幌にある実家からも通えるようになるため受験を決意しました。
A2. 英語においては過去問が著作権上載っていないためあまり対策が出来ませんでした。研究室の方と連絡を取ることが出来れば困難ではなかったと思いますが、それができなかったため苦労を要しました。なので、研究室見学の際に学生と連絡することをおすすめします。
A3. なによりも、ゲルの分野において最先端の研究を行えることです。
先生方も学生も自由な発想で研究についてアドバイスをくれるため、かなり力が身につくと思います。また、留学生や外国人スタッフと交流することで英語も学べますし、学生同士で仲良く交流し、研究でも私生活でも充実した生活をおくれることが魅力的です。

修士課程2年 Sさん (東北地方の国立H大学出身)

A1. 様々な国籍の人がいて、ゲルのみならず様々な分野の人が関わっているため、このゼミにいれば知識や視野が広がると思ったからです。
A2. TOEICで英語の筆記は免除したのですが、面接で英語の質問をされたときに全く答えられず恥ずかしい思いをしました。TOEICよりも話せる・聞ける力をつけたほうがよかったと思っています。また英語の筆記テストは午前、専門科目は午後に行われるため、試験場の雰囲気になれるためにも英語の筆記は受けたほうがいいと思いました。
A3. 留学生が多いため英語を使う機会がかなり多いです。このゼミにいれば英語を使うことに対する躊躇いや恥じらいが一切なくなります。このような滅多にない環境もこのゼミの魅力だと思います。

修士課程2年 Mさん (慶應義塾大学出身)

A1. 高分子(特に高分子ゲル)に興味があり、初めは東大・東工大を中心に調べていましたが、その中である教授から当研究室を薦められました。 (本来、北海道に来る気など無かったのですが、)研究内容や方針、先生の考え方・人間性に強く感銘を受け、気付いたら受験していました。
A2. 公式情報だけではどのような教材・範囲を勉強すればよいかが少々分かり難かったです。でも研究室に連絡を取ると、学生がいろいろと教えてくれました。
A3. 「多様性」に尽きると思います。
研究も化学・物理・生物と人によって様々なら、人も国籍から年齢(スタッフ含む)までまちまちで、たくさんの刺激をもらえます。 研究で結果を残しながらも、北海道観光、スポーツ、飲み会など、研究以外での幅の広さも魅力です!

博士課程1年 Hさん (近畿地方の国立K大学出身)

A1. 以前からゲルの研究において第一線で活動しているのは知っていたので、一念発起して受験しようと思いました。
A2. 前の大学で修士課程を修了してから数年間企業で働いていたので、口頭試問のために前の大学での研究を思い出すのに少々苦労しました。加えて、外部受験ということで口頭試問だけでなく英語の課題も課せられたのは予定外でした。しかし、課題提出〆切までの約2週間で入学後の研究内容についての理解を深めることができました。
A3. 研究においても生活においても自由度が高いところです。それでいて月例※注1)時には誰もがしっかりとしたプレゼンをしています。 あと留学生が多いので英語力が鍛えられます。自分も目下努力中です!
    ※注1)各自の研究を研究室全体に発表する3ヶ月に1回程度の報告会

大学院修了後の進路

修士課程

北海道銀行、三菱ガス化学株式会社、DIC株式会社、電気化学工業株式会社、YKK株式会社、アダマンド工業株式会社、三菱東京UFJ銀行、日本ゼオン株式会社、帝人株式会社、JSR株式会社、アズテック株式会社、株式会社アシックス、コニカミノルタ、埼玉県高校教諭、住友ゴム、テルモ株式会社、ニチバン、ニプロ株式会社、日立ディスプレイズ株式会社、日立電線株式会社、北海道高校教諭、三井化学株式会社、旭硝子株式会社、株式会社GEL-Design、株式会社オプトエレクトロニクス、株式会社クラレ、株式会社クレハ、株式会社三洋化成工業、株式会社プライムポリマー、株式会社ブリヂストン知的財産本部 化工品特許ユニット、株式会社半導体エネルギー研究所、三菱化学株式会社、出光興産株式会社、大日本製薬株式会社、東レ株式会社、北海道NSソリューションズ、味の素株式会社、…

博士課程

帝人株式会社、京都大学、CNRS(フランス)、Toronto大学(カナダ)、群馬大学、西安交通大学(中国)、東京農工大学、北海道大学医学研究科、北海道大学先端生命科学研究院、理化学研究所、日本原子力研究開発機構、北陸先端科学技術大学院大学、岐阜県産業技術センター、KBセーレン株式会社、…