バイオミクスイノベーションハブ:2014年度

  1. Saito N., Qiao H., Yanagi T., Shinkuma S., Nishimura K., Suto A., Fujita Y., Suzuki S., Nomura T., Nakamura H., Nagao K., Obuse C., Shimizu H., Abe R.
    An annexin A1-FPR1 interaction contributes to necroptosis of keratinocytes in severe cutaneous adverse drug reactions.
    Sci Transl Med. 2014 Jul 16;6(245):245-295.

  2. Tanaka Y., Umata T., Okamoto K., Obuse C., Tsuneoka M.
    CxxC-ZF domain is needed for KDM2A to demethylate histone in rDNA promoter in response to starvation.
    Cell Struct Funct. 2014;39(1):79-92.

  3. Suzuki S., Nagao K., Obuse C., Murakami Y., Takahata S.
    A novel method for purification of the endogenously expressed fission yeast Set2 complex.
    Protein Expr Purif. 2014 May;97:44-49.

  4. Furukawa J., Tsuda M., Okada K., Kimura T., Piao J., Tanaka S., Shinohara Y.
    Comprehensive glycomics of a multistep human brain tumor model reveals specific glycosylation patterns related to malignancy.
    PLoS ONE in press

  5. Yuyama K., Sun H., Usuki S., Sakai S., Hanamatsu H., Mioka T., Kimura N., Okada M., Tahara H., Furukawa J., Fujitani N., Shinohara Y., Igarashi Y.
    A potential function for neuronal exosomes: sequestering intracerebral amyloid-β peptide.
    FEBS Lett. 589, 84-88 (2015).

  6. Yuyama K., Sun H., Sakai S., Mitsutake S., Okada M., Tahara H., Furukawa J., Fujitani N., Shinohara Y., Igarashi Y.
    Decreased amyloid-β pathologies by intracerebral loading of glycosphingolipid-enriched exosomes in Alzheimer model mice.
    J Biol Chem. 289, 24488-24498 (2014).

  7. Takano S., Matsuda S., Funabiki A., Furukawa J., Yamauchi T., Tokuji Y., Nakazono M., Shinohara Y., Takamure I., Kato K.
    The rice RCN11 gene encodes β1,2-xylosyltransferase and is required for plant responses to abiotic stresses and phytohormones
    Plant Sci. 236, 75-88 (2015)

  1. 長尾恒治、小布施力史
    次世シーケンサーを用いた網羅的エピジェネティクス解析:ChIP-seq法など
    エピジェネティクスの産業応用―基礎研究から産業応用への展望―(畑田出穂、久保田健夫/編) シーエムシー出版、120-127 (2014)

  2. Shinohara Y., Furukawa J., Miura Y.
    Glycome as biomarkers
    Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. Preedy VR.(Ed.) Springer, Netherlands (Amsterdam): Springer (2015).

  3. Shinohara Y., Furukawa J.
    Surface Plasmon Resonance as a Tool to Characterize Lectin–Carbohydrate Interactions
    Methods Mol Biol. 2014;1200:185-205 (2014).

  4. 古川潤一、岡田和恵、篠原康郎
    糖タンパク質および糖脂質の糖鎖の新たな解析手法の開発―ウシ乳グライコーム解析への応用―
    応用糖質科学 第4巻第4号 51-57 (2014)

  5. 古川潤一、篠原康郎
    細胞で糖鎖を記述する
    化学と生物、in press

 (招待講演)

  1. 2014年11月17日~11月21日
    時之栖(静岡)
    The 9th 3R Symposium
    Elucidation of structure and function of heterochromatin through human HP1 binding proteins
    小布施力史

  1. 2014年4月11日~4月15日
    京都大学(京都市)
    第1回「老化と代謝」セミナー
    最新技術による染色体の機能解析
    小布施力史

  2. 2014年5月21日
    京都大学(京都市)
    京都大学セミナー
    HP1の解析から見えてきたヘテロクロマチンの構造と機能
    小布施力史

  3. 2014年5月23日~5月24日
    医療基盤研究所(大阪)
    新学術領域 国際会議プログラム委員会
    クロマチン動構造と製薬
    小布施力史

  4. 2014年8月
    京都大学霊長類研究所(京都)
    霊長類への展開に向けた幹細胞・生殖細胞・エピゲノム研究
    転写因子によるマウス始原生殖細胞の試験管内再構築
    村上和弘

  5. 2014年9月
    札幌市
    農芸化学会北海道・東北支部合同支部会シンポジウム
    総合的なグライコミクスに基づく未分化マーカーや疾患バイオマーカーの探索
    篠原康郎

  6. 2014年9月
    札幌市
    未来創薬・医療イノベーション拠点形成 これまでの成果と今後の展望
    総合グライコミクスの基盤構築とバイオマーカー探索への展開
    篠原康郎

  7. 2014年11月24日~12月2日
    名古屋市立大学(名古屋)
    第112回システム自然科学研究科セミナー
    ヒトHP1の解析から見えてきたヘテロクロマチンの構造と機能
    小布施力史

  8. 2014年12月13日~12月14日
    神奈川県民ホール
    第160回染色体研究会
    ヘテロクロマチンと染色体の機能構造
    小布施力史

  1. 特願2014-163222