HOME > 先端生命科学の特徴 > 多様な研究活動

多様な研究活動

研究活動

学術論文等の発表状況

先端生命科学研究院では、研究教育成果の積極的な発信を行っている。組織再編後の最初の5年間(平成22年〜平成26年(2010-2014)の学術論文の発表状況では、「国際学術誌の原著論文(レフェリー制)」が多く、教員1人あたり、毎年3.9報と、常に世界水準と高い国際的評価を意識して研究発表を実施しており、国内外での研究の先駆的な研究内容についての啓蒙活動にも力を注いでおり、本研究院における国際的レベルの高さを示している。

 

 

 学術論文等の発表状況

 

  

外部研究資金の受入状況

先端生命科学研究院では、教員が多くの外部研究資金の獲得に積極的であり、平成23年度において、外部研究資金の獲得総額は約10億円にも達している。これは、本研究院の運営費交付金の5.7倍に相当する額であり、その内訳は共同研究経費、受託研究費、科学研究費補助金、その他となっている。 本研究院の教員数は、北大全体の教員数(2,093人)の約1.3%にすぎないが、外部研究資金獲得額においては、北大全体の約5.4%にまで達している。

 

img_research-activities_02

 

ページの先頭に戻る