HOME > 先端生命科学の特徴 > 充実した産学連携

充実した産学連携

 産学連携

次世代物質生命科学研究センター(旧・次世代ポストゲノム研究センター)

本研究院では、平成18-27年に研究院附属次世代ポストゲノム研究センターを設置し、知的基盤・研究プラットフォームの形成、研究成果の社会還元、新しく発足する研究院内の研究の融合と共同体制の構築の活動方針により産学連携の促進を達成した。

平成28年度より「国内外の地域や社会の活性化及び新たな価値の創造に貢献」のため、附属次世代物質生命科学研究センターと改組し、産学連携ユニット、国際連携ユニット、先端基盤ユニットによる機動的なユニット連携機能により、北大の強化戦略へ貢献することとした。

 

平成28年度の外部資金の積極的導入等による主な活動・連携

・産学連携ユニット:産業創出講座の設置、FMI-COI

・国際連携ユニット:ソフトマターグローバルステーションの設置

・先端基盤ユニット:先端研究基盤共用促進事業等による機器共用促進と高度技術人材育成、

 グローバルファシリティセンター、生物機能分子研究開発プラットフォーム推進センターとの連携

 

 

 組織図    img_frontier-AMLS

 

 

 

共同研究

産学連携の推進による共同研究が活発に行われており、毎年概ね120件程度の共同研究が実施されている。共同研究先は、大学のみならず企業との研究も積極的に行われており、その数は順調に増加している。
平成23年度には日東電工株式会社の北海道研究所を先端生命科学研究院が中心となり北大へ誘致することができた。この産学連携を契機に、北大では平成26年度より大型共同研究を発展させた新制度(COI-STREAM)を立ち上げることとなり、組織対組織の大型共同研究の受け入れ制度(産業創出講座)として北大初の産業創出部門を開設した。平成28年度には、この他、産業創出部門を2件受け入れている。
企業との共同研究を積極的に進めると同時に実用化の加速のため、旧・次世代ポストゲノム研究センター6Fに設置されていた実験動物施設の拡充を行った。隣接した敷地に、新たな実験動物、生物機能分子研究開発プラットフォーム推進センターを建設(平成23年5月)。疾患マウスなどの実験動物を使った新薬研究や安全な新薬の開発に結びつけるとともに、腸管機能の多様性をナノレベルで解明する新たな機能性食素材の開発など国内外の産学連携による共同研究を推進している。

 

 

img_industry-university-cooperation02

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る