HOME > 先端生命科学の特徴 > 男女共同参画・人材育成

男女共同参画・人材育成

男女共同参画

先端生命科学研究院・生命科学院では、積極的に女性・外国人教員を配置している。最高水準の研究教育拠点の形成を目標にアジア各国のトップレベル大学との強い研究連携をもとに優秀な留学生を獲得するプログラムを実施しており、講義や学位審査等を英語化することで国際人材を効果的に養成している。正規教員のうち女性外国人教員が学内教育担当部局で最高レベルの14%在籍しており、学際領域の幅広い教育や留学生への効果的なフォローを可能にしている。高い志をもった女性研究者を間近に感じ、目標とすることで女性学生たちのキャリアアップの意識を高く保つことが望める。

 

人材育成

学部教育とICT活用

学科専門科目では、北大初の4学期制導入(平成24年度)と同時に学習支援環境の改善にも注力している。授業参加型ツール(クリッカー)の活用は、日本経済新聞(2013年11月8日)1面でも取り上げられた。また日常的な授業の予習、復習や毎回レポートの支援にICTを活用した、学修支援システム(ペンタグラムシステム)を運用している。このシステムにより受講生と教員の双方向性を実現するとともに、教育補助者(TA)の事前研修をeラーニング化し、TA制度の実質化への改善へも取り組んでいる。

 

学部教育とICT活用

 

 

博士後期課程のカリキュラム改革

生命科学分野の国際的競争力の向上は日本の重要な国家戦略であり、国際社会でリーダーシップを発揮する高度な人材の育成が必須となっている。先端生命科学研究院では、生命科学専攻(生命融合科学コース)の大学院生にキャリア形成につながる在学中の主体的活動(海外留学、研究企画書作成、ブレインストーミングワークショップ、国際研究集会の企画運営、インターンシップなど)を文科省事業(組織的な大学院教育改革推進プログラム「融合生命科学プロフェッシナルの育成・平成20-22年度」のもとに積極的に支援してきた。この実績をもとに平成23年度から博士後期課程の教育課程の改正を検討し、博士学位取得に向けた専門知識の深化と高度な研究成果をまとめる特別研究とともに、これまでの主体的活動を選択科目単位として修得できる実行教育課程表を改正し、平成25年度入学生より適用することとなった。今後、所定の単位以外に、ディプロマポリシー(学位授与方針)に従う知識・能力育成に係る主体的活動も学位授与の審査対象となる。そのため、融合基礎科学領域の若手研究者が国内外の多様な課題解決へ挑戦するマインドを養成できるようPBL課題解決型学習などアクティブラーニングによる人材育成エコシステムの形成を目指している。

 

生命科学専攻・実行教育課程表

ページの先頭に戻る